HOT!!うま辛。 | アッタカナ立川

地域密着動画ポータルサイト - アッタカナ立川

TOPICS 立川情報局

  • 2017年06月26日RT @tachikawa_tokyo: 【立川フィルムコミッション】フィルムコミッションで支援しているアニメ「...

  • 2017年06月23日RT @tachikawa_tokyo: 【ライトダウンキャンペーン2017】7/7(金)〔クールアース・デー〕までの期...

  • 2017年06月22日RT @tamatebakonet: 立川市、話題のパン屋さん。只今、カラフルサンド、販売中。おいしい♡ https:...

  • 2017年06月22日RT @tamamono_info: JR立川駅のエキュート立川3階に、東京都が設置する観光案内所「東京観光情報...

  • 2017年06月15日RT @zatsu_ke: ブログアップ完了 https://t.co/0CwhoWVxfr 「凛々(リリィ)@拝島」 新メニュー...

HOME > チームアッタカナ > 特集 > HOT!!うま辛。

特集2017/06/13(火)

HOT!!うま辛。

2017_6_7_300x300

そろそろ本格的な暑い季節。そうなると食べたくなるのが辛いお料理。辛い物を食べて発汗すると体が冷えることから、暑い国では辛い物を食べるのだとか。今回は舌を休めてくれる一品も紹介していまーす!

◇◆◇蒙古タンメン中本立川◇◆◇
昨年9月、「辛うまラーメン日本一!」で人気の中本がついに立川にオープン。看板メニューの蒙古タンメンで、辛うまにハマる人を日々、量産し続けている。中本未経験で、「どれほど辛いのか不安」という人も心配は無用。スタッフが辛さを丁寧に説明してくれるし、辛さ0のメニューもある。まずは、中本ワールドへ踏み込もう!

店長◎徳田正巳さん

【舌休めの一品】
激辛メニューが並ぶなかで、数少ない舌休めとなりそうなのが、ゆで玉子(60円)とバター(60円)のトッピング。バターを入れると風味が増し、まろやかになる。

≪編集部 試食メモ≫
蒙古タンメンにトライ。ひと口目から味の感想は「辛い!」。ところが、食べ進めると不思議と辛さの中に旨味を感じられる。これで辛さは10段階の5。いつか中本初心者の憧れ北極(辛さ9)を食べられる日は来るのか!

店名▶ 蒙古タンメン中本立川
電話番号▶ 
042-523-1223
住所▶ 立川市錦町2-2-33 M-Iビル1F
営業時間▶ 
11:00〜21:00(LO)
定休日▶ 火曜
アクセス▶ JR立川駅南口より徒歩4分


◇◆◇バナナ食堂◇◆◇
タイの屋台にいるような雰囲気が漂う店内。暖かい季節には、通り側がオープンテラスになるので、開放感があっていい。店長さんをはじめスタッフの方もとても接しやすく、さすが微笑みの国を標榜する料理店だと思わせる。

スタッフ◎石井絵美さん

【舌休めの一品】
タピオカ(350円+税)のやさしい甘みが、汗を吹き出す辛さの後のオアシスとしてうれしい。ちなみに、タイの人は辛さと対照に、甘いモノも大好きなんだとか。

≪編集部 試食メモ≫
タイ産の乾燥唐辛子を揚げたものと、生唐辛子で辛さも本場級のトムヤムラーメン。独特の酸味があとを引く。そして、パクチーがタイ料理で本領を発揮する!

店名▶ バナナ食堂
電話番号▶ 042-522-3877
住所▶ 立川市錦町2-1-7 幸ビル1F
営業時間▶ ランチ平日11:30〜14:30(LO14:00)、土・日・祝日12:0014:30(LO14:00)/ディナー火・木・日曜17:30〜23:00(LO22:00)金・土・祝日17:30〜24:00(LO23:00)
定休日▶ 月曜
アクセス▶  JR立川駅南口より徒歩3分

◇◆◇炭火 Kitchen KOTAN◇◆◇
こだわりのお肉や食材をじっくりと焼き上げる炭火焼バル。ラムチョップや豚野菜巻き串のほか、アンガス牛のローストビーフ、自家製ジンギスカンなど、さまざまな肉料理が楽しめる。ワインなどのお酒類も豊富。店内はテーブル席やカウンター席があり、ゆったりくつろげる。今年5月には、屋上に屋根付きのビアガーデンがオープン!

店長◎加島翔太さん

【舌休めの一品】
石焼パルミジャーノチーズのリゾット(800円+税)。チーズソースのクリーミーな甘さは、辛い料理にもピッタリ。焦げた部分もガリガリ削っていただこう。

≪編集部 試食メモ≫
オリジナル・パクチーダレ・ハーブソルトから選べるラムチョップの激辛をチョイス。食欲が増すイヤみのない辛さで、1本では足らず2本3本と食べてしまった。お肉が柔らかくて食べやすく、いろいろな味と合わせて何本でもいけそう!

店名▶ 炭火 Kitchen KOTAN
電話番号▶ 042-326-6291
住所▶ 国分寺市本町3-12-1 フィルパーク2F
営業時間▶ 17:00〜翌1:00(LO24:00) ※日曜は17:00〜24:00(LO23:00)
定休日▶ 無休(正月休みあり)
アクセス▶  JR国分寺駅北口より徒歩4分


◇◆◇パン・ド・カンパーニュ◇◆◇
大学通り沿いにある町のパン屋さん。食パンはもちろん、ホットドッグやサンドイッチなどの総菜パンや菓子パンなどがずらりと並ぶ。くにたち市民芸術小ホールの「ランチタイムコンサート」でパンの販売を行うことも。

スタッフ◎田中さん

【舌休めの一品】
アップルパイ(257円)。りんごのフルーティーな甘さは、激辛カレーとの相性◎。あえて付けている焦げ目が香ばしく、パイ生地がしっかりとしていてサックサク!

≪編集部 試食メモ≫
サクっとした食感がおいしいカレーパンは、辛さのなかにも甘みを感じるカレーがたっぷり。あんまり辛くないなぁと食べていくと……あとから辛さがぶわーっとくるので注意! 食べるときは飲み物の準備を忘れずに!

店名▶ パン・ド・カンパーニュ
電話番号▶ 042-577-0565
住所▶ 国立市富士見台2-2-3
営業時間▶ 
11:00〜19:00
定休日▶ 月曜
アクセス▶ 谷保駅北口より徒歩5分

 

◇◆◇ぶらり◇◆◇
高温でカラッと揚げた手羽先が自慢の居酒屋。手羽先メニューは、甘辛の「秘伝のタレ」、程よい酸味の「梅かつお」、ピリ辛の「辛子マヨネーズ」などの数種類から選べる。春夏期間限定の「手羽先 スモーク」も人気だ。

◎店長さん

【舌休めの一品】
ぶらり風 たまご焼き(450円+税)。卵を焼いてから球体に整え、鰹節と海苔をたっぷりのせた“あんかけ卵焼き”。優しくて上品な味に、舌もホッとできる一品。

≪編集部 試食メモ≫
真っ赤な見た目&においで激辛な手羽先。だが、意外にも辛味噌よりもスパイスのほうが辛い。鶏肉によく合う辛さで、ビールが飲みたくなった!

店名▶ ぶらり
電話番号▶ 042-530-1268
住所▶ 福生市福生875-22
営業時間▶ 
17:00〜24:00
定休日▶ 不定休
アクセス▶ JR福生駅東口より徒歩5分

 

◇◆◇ケーシーズキッチン◇◆◇
小作駅からほど近い場所にあるインドカレーのお店。カウンターとテーブル席があり、ランチには近隣に勤める会社員の方も大勢訪れる。今回紹介する激辛カレーのファンも多いのだとか。本格的なスパイスの風味をぜひ!

店長◎カナル・ヌワカルさん(中央)とスタッフのみなさん

【舌休めの一品】
インドカレーの舌休めといえば、やっぱりインドのヨーグルト、ラッシー(300円・左)。爽やかな甘さが辛さを和らげてくれる。マンゴラッシー(400円)も人気!

≪編集部 試食メモ≫
カレーの前に提供されるサラダのドレッシングはオリジナルだそうで、これがとても美味しくてビックリ。そして、チキンカレーの激辛登場!辛いだけでなく滋味深い味わいがある。それにしてもナンが大きい!

店名▶ ケーシーズキッチン
電話番号▶ 042-579-2580
住所▶ 羽村市小作台1-21-12 第一丸八ビル1F
営業時間▶ 
ランチ11:00〜16:00/ディナー16:00〜23:00
定休日▶ 無休
アクセス▶ JR小作駅東口より徒歩3分

 

どちらがお好みでしたでしょうか。
唐辛子に胡椒、山椒、生姜、からし、わさびなど辛さには色々種類がある。
どれも旨さがあり、あとを引く。
たまにはちょっと刺激を食べにお出かけてみませんか。
クセになっちゃうかもしれませんよ(笑)

【注意】価格は税込みですが、税抜きの場合は「+税」としています。

一覧へ戻る

ページの先頭へ