”自然の中で書を楽しむ”紙のコンシェルジュ~紙匠 雅~ | アッタカナ立川

地域密着動画ポータルサイト - アッタカナ立川

TOPICS 立川情報局

  • 2017年10月19日RT @tachikawa_taro: 久しぶりのお天気でしたので写真撮りました。立川あにきゃんバナーフラック...

  • 2017年10月17日RT @nishikokun: お知らせブーン🎃10月28日(土)は恒例のハロウィンパーチー!みんな仮装して集合ブ...

  • 2017年10月13日RT @tamamono_info: 10/14(土)は、#箱根駅伝予選会 が立川で行われます。多摩モノレールの線路...

  • 2017年09月28日RT @tamamono_info: 【11月18日(土)は多摩モノレールで楽しもう!】多摩モノファンの皆様お待た...

  • 2017年08月28日RT @tachikawabillb1: 【Tachikawa History】パレスホテル立川 「域密着型のコミュニティホテルと...

HOME > チームアッタカナ > 店長オススメ店リレー > ”自然の中で書を楽しむ”紙のコンシェルジュ
~紙匠 雅~

店長オススメ店リレー2013/07/24(水)

”自然の中で書を楽しむ”紙のコンシェルジュ
~紙匠 雅~

miyabi4

夢工房の押切 千枝さんがおススメしてくれたのは…
服作りの材料を調達したり、作品のインスピレーションが生まれたりと、何かとお世話になっているというコチラのお店。

立川駅南口諏訪通り商店街の一画にある、沢山の書と写真がにぎやかに飾られた、和紙、書道用品を扱うお店「紙匠 雅」。

取材のカメラに照れながらも、人懐っこい笑顔で迎えてくれた吉田 徳雄(よしだ のりお)さん。

このお店をはじめて11年になるという徳雄さんは、もともとは書道をやっていて、道具を勉強しようとこの世界に入ったそう。“書き手”としての視点からも和紙の魅力を語って下さいました。

誰もが見て感じる事って違うから、できるだけ色々な紙を置くようにしています。個人的に好きなのは“綺麗な紙”。どこにもないようなそんな紙に出会うとときめく。和紙の原料である「楮(こうぞ)」の皮や繊維、布などを混ぜたり、マーブル模様になっているものもあります。仕入れはカタログなどを見て頼むこともあれば、実際に職人のもとに出向くことも。水のきれいな場所じゃないと紙漉きはできないため、ビックリするくらいの山の中へも行きましたよ。 

 

和紙の魅力は?

明るいし、あったかい所かなぁ。そして、一枚一枚違う所。プロが同じようにすいてるんだけど同じようにはできない。10枚あれば10枚広げて、自分で好きなものを選んでいいんです。
それから、和紙っていうのはホント丈夫で。丈夫っていうのがわれわれからすれば欠点よ。売れないから。(笑)

 

これからの夢は?

この仕事をしてると紙漉き人の思いもわかる、不景気なんだけど、どんどん飛び込んでくる若い人いっぱいいるし。その人らの紙を売りたいっていうのはあるけど、どういう風に和紙の魅力を、一般の人に伝えるかっていうのが課題だね。まだまだ知られてないんだよね。書道やってない人には敷居が高い感じがするのかな。だけどそういう人が気楽に来て、こんなものあんのかって。和紙をいろんな人に知ってもらって、使ってもらいたい。きっかけづくりになっていけたらいいなと思ってますね。

 

和紙に、書道に触れてもらうためのきっかけづくりとして「紙漉き教室」や「山頂書道」も開催されているとのこと。

「紙漉き教室」は、毎月1回職人さんを呼んで、3~4時間かけてやってるんです。原料作りから体験できますよ。何度も通って下さる方も結構いますね。
「山頂書道」に関しては店の定休日の毎月10日・20日・30日に、晴れたら山に登ってますね。自分の趣味の延長上っていうところもあって、参加費もいただいてません。体験した感想と感動を人に伝えてもらうことが参加条件かな。天気がいいと最高に気持ちいいですよ。富士山が見えたりもして、開放感があって、書道だって自分が最高にうまい気がしてくる。これもくせになるみたいで常連さんもいらっしゃいます。

※山頂書道の様子は動画でも紹介しています。

 

和紙をどんな風に使ったらいいですか?

破こうが何しようが構わないよ。切り刻んで、その色を合わせて絵にする人だっている。
太鼓に皮のかわりに貼るっていう使い方もされていますよ。破れないし、素晴らしい音が鳴る。何も思いつかなかったら、飾っておいてもいい。タペストリーっていうのかな。飾った時に映えるような紙を選べばいい。インテリアとして使うっていうのもアリですね。ランプシェイドにすれば透け感が美しいし明るい。襖とか障子なんかの家中の紙を、季節ごとに貼りかえるって人もいましたよ。障子紙だって白じゃなくていいし、一枠ごとに色が違ったっていい。ちょっと頭をひねればあらゆる可能性があるんだと思うよ。
なにより、書いて欲しいけどね。

 

…とゆうことで、わたしたちも「アッタカナ立川 店長おすすめ店リレー」というコーナータイトルを書かせていただいちゃいました!

徳雄さんからのメッセージ、山頂書道の様子と合わせて動画でどうぞ♡

 

書道をするのは中学生以来だったんですが、うん、これ、楽しい!
筆が紙を滑る感触、和紙の質感によっても異なるかすれ、思いもよらないにじみ、そして完成した時の味。
楽しさと同時に「日本語の心地良さ」みたいなものも感じました。

 

書道っていうのはにじみとかすれがうまく出るけど、あんまりきれい過ぎてもだめだし、荒っぽ過ぎてもだめなんだよね。にじみとかすれをうまく出すには、やっぱり何回か失敗しないとね。 

 

何回間違えてもボタン一つで消せちゃうメールも悪くないですが…
大切な人に一字一字心を込めて、手紙を書いてみるのも粋じゃありませんか?
失敗しても、気持ちがずっと深く伝わるような気がします。

 

今回紹介したお店はコチラ…

 

   店名     紙匠 雅
   電話番号  042-548-1388
   住所     立川市柴崎町2-2-19
   営業時間  10:00~18:00
   定休日    第1日曜日と10日・20日・30日
   URL     http://kamisho-miyabi.jp/
   Facebook   https://www.facebook.com/tachikawa.miyabi

 

一覧へ戻る

ページの先頭へ